ワキガを治療する方法は、制汗スプレーやシートなどを使用して臭いの発生を抑制する自分で出来る方法と医療機関で専門的に治療を行う方法があります。

セルフケアの方法では根本的な原因を解消することは難しく、継続的に行っていく必要があるため費用や労力の面で大きなストレスとなる可能性があります。

医療機関で行う治療は主に手術です。原因となるアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺を除去したり機能を停止させることによって解決を図る方法です。



セルフケアに比べて一回当たりの費用は非常に高額となりますが永続的な効果が期待できるため、結果的には費用の面でも安く収まる事が多いです。



また、心的ストレスも軽減されるため非常に効果は高いと言えます。
その治療法の種類ですが剪除法、ボトックス注射、マイクロリムーブ法、ミラドライと言った種類があります。

剪除法は文字通り切る手術です。



ワキの下の皮膚を3cm程度切開し目視で直接アポクリン汗腺を除去します。

ボトックス注射は汗腺の働きを抑制するボツリヌストキシンを注入することで汗の発生を抑制します。マイクロリムーブ法は1cm程度の小さな穴から器具を挿入し汗腺を除去する方法です。ミラドライはマイクロ波を照射することで汗腺を破壊する方法です。
もっとも効果が期待できるのは剪除法ですが、傷が残ってしまうことがデメリットです。

しかし重度のワキガの治療も可能で効果が非常に高いです。



ワキガの程度によって選択できる方法は限られてきますが、根本的な解決を目指すのであれば手術が唯一の方法です。



https://www.facebook.com/KJKJP
http://sap-cc.go.jp/hp/hospital/cure/index.html
http://www.shika-implant.org/